敏感肌でも負担をかけずにメイク|ファンデーションで美しい肌を演出

肌の奥まで美容成分保

美容

化粧水と聞くと、肌に水分を与えるものと思われがちです。これは、間違いではないですが正解でも無いのです。正しい化粧水の役割は水溶性の美容成分を肌に届けるということです。人によっては、乾燥肌や脂肌といった個人差があります。この差によっても、化粧水でどんな美容成分を届けるのかといった目的も異なってきます。乾燥肌だと保湿成分が足りない為、乾燥を引き起こしています。化粧水で保湿成分を届けること、悩みの乾燥も改善されることでしょう。水溶性の保湿成分にはヒアルロン酸やコラーゲン、グリセリンなど、肌本来の水分保持力が低下している間に乾燥から守ってくれるものです。その他にも、美白が目的の場合プラセンタなど配合されているものを選ぶと保湿も美白も手に入れることが出来ます。また、ライスパワーNo.11エキスやユーカリ抽出液は肌を健やかにする成分で、肌が健やかになると肌自体の保湿力があがります。この様に、しっかりと自分自身の肌質を理解し、肌が欲している美容成分を届けられる化粧水を選んで使うとよいでしょう。化粧水を使って届けることが出来る保湿成分というのはあくまで成分です。根本的な保湿力は上がりますがやはり表面の保湿も欠かすことは出来ません。化粧水で摂り入れた保湿成分、美白成分を補助する意味でも、更に美容成分をプラスしたければ美容液や乳液で表面の保湿、最後にクリームで蓋をするというのも意識して、合わせておこなうとしっかりと効果を得ることが出来るでしょう。