敏感肌でも負担をかけずにメイク|ファンデーションで美しい肌を演出

美肌をつくる泡

女性

肌は、思っている以上に敏感なものです。日頃から、スキンケアをしっかりとしていても洗顔の仕方・石鹸の使い方が間違っていると肌荒れの原因となってしまいます。洗顔石鹸を使用する場合は泡たてネットを使ってしっかりと泡を立てましょう。そうすることによって肌への負担を軽減しますし、汚れをしっかりと取ることが出来るのです。泡たて方は、洗顔石鹸を手のひらで数回転がして、水またはぬるま湯を加えながら泡立てていきます。水またはぬるま湯を加えた際に泡たてネットを使用するとキメの細かい泡を作ることが出来ます。泡はキメの細かい泡のほうがより汚れがとれやすくなるので、意識すると良いでしょう。泡が出来上がったら、洗顔に移ります。作った泡で顔を手でしっかりと覆うように優しく洗うのがポイントです。力を入れ過ぎると肌への負担となってしまいます。泡の流し方にも、ポイントがあります。人によって、肌質も異なるため脂肌の人は温かいぬるま湯で、乾燥肌の人は水に近いぬるま湯を使用すると肌に負担なく洗い流すことが出来ます。石鹸が付着した状態だと肌荒れの原因となってしまいます。洗い流す際は、髪の生え際や小鼻、耳周り、顎の下などは意識して洗い流すとすすぎ残しを防ぐことが出来ます。洗顔用の石鹸にも洗顔フォームや既に泡状になっているものなどタイプがありますが、洗顔石鹸は量も少なく抑えることが出来るので、経済的にも負担が少なくすることが可能です。自分に合った石鹸で洗顔をすることが楽しいスキンケアへ繋がることでしょう。